猫がご飯を食べない!食欲不振の原因と病気のサイン|犬猫薬の通販

犬猫薬の通販|猫がご飯を食べない!食欲不振の原因と病気のサイン

猫がご飯を食べない!食欲不振の原因と病気のサイン

猫がご飯を食べない!食欲不振の原因と病気のサイン

猫がごはんを食べてくれない!病気?気まぐれ?

飼っている猫ちゃんがごはんを食べてくれないと、病気なんじゃないかと心配になりますよね?
でも、猫は元々気まぐれで、一日に少しずつごはんを食べる「ムラ食い」をする生き物です。
一度に少ししか食べなくても、元気であれば心配しなくてもいいことがほとんど。
でも、やっぱり食べてくれないと不安になってしまいますよね。
猫がごはんを食べない原因をいくつか紹介したいと思います。

環境が変わった

猫ちゃんは環境の変化にとても敏感です。人間にはたいしたことのないちょっとした変化でも、体調や態度に現れたりします。ごはんを食べないのもその一つです。猫ちゃんがごはんを食べなくなったら、最近何か変わったことはなかったか考えてみましょう。中にはいつもごはんを食べているお皿が変わっただけでも食べなくなってしまう猫ちゃんもいるみたいですよ。新しい環境に慣れてくれば食欲も戻ってきます。猫ちゃんが新しい環境に慣れるように、猫ちゃんが安心して暮らせるようにしてあげてください。

エサの好みが変わった

飽きっぽいのも猫によく見られる特徴です。いつも食べていたエサを急に食べなくなってしまった。猫ちゃんあるあるですよね。そんな時に猫は気まぐれだからと放置してしまい、食べない期間が長くなってしまうと猫ちゃんの栄養状態にかかわってきます。いつも乾燥タイプのエサをあげていたけど、缶詰タイプのエサをあげたら乾燥タイプを食べなくなってしまったという話もあるので、色々試して猫ちゃんの好みを探りましょう。新しいエサを与える時はいつものエサに少しずつ混ぜていって慣れされるようにしましょう。

高齢になったため

猫も年を取ると若い時よりも食欲が落ちます。日中の活動量も減り、寝ている時間が増えてきますから、たくさんエサを食べなくなったといっても心配はいりません。ただ、ぐったりしていたり明らかに様子がおかしいと感じる時はお医者さんに相談してくださいね。

鼻がつまっている

猫ちゃんが少しだけごはんを食べてどこかへ行ってしまうことはありませんか?この状態が何度も続くようであれば鼻炎などの病気が考えられます。猫は嗅覚への依存が大きいので食べ物もにおいで判断します。鼻がわるく匂いが感じられなくなってしまうと、エサをエサだと認識できなくなってしまいます。猫ちゃんがエサに見向きもしなかったら、鼻づまりが原因かもしれません。
もし鼻炎かなと思ったら、缶詰のキャットフードなどを少しだけ指先に乗せ、猫ちゃんの口を開いて上あごにやさしくこすりつけてみてください。少し手荒な感じがするかもしれませんが、こうすることで匂いが感じられエサだと認識できるようになります。
これで食欲が元に戻るようであればあらためてお医者さんに行って鼻炎かもしれないということを伝えてみましょう。人間と同じで薬で鼻炎が治まればまたちゃんとごはんを食べるようになります。

体調がわるい

人間だって風邪をひいていたり、お腹が痛かったりすると食欲はなくなりますよね。猫ちゃんも同じです。エサの好みの変化にも環境の変化にも心当たりがない場合、やっぱり病気の可能性を考えてしまいますよね。

・急に全然食べてくれなくなった。
・食べない日が増え、元気がなくぐったりしている様子がみられる。
・下痢や嘔吐といった症状が続く。

このような状態が見られた場合は、早めに動物病院へ連れていきお医者さんの診察を受けてください。
特に丸1日全くごはんを食べないは、何か病気にかかっている可能性があると言われています。必ずお医者さんに診せましょう。

まとめ

猫はとてもデリケートな動物なので、少しの変化やストレスでごはんを食べなくなってしまいます。
猫ちゃんがごはんを食べてくれないと心配してしまいますが、原因が何かしっかりと見てあげることが大事です。
少しでもいつもと違う様子が見られたら、早めに病院に受診してあげてください。

猫用の人気のお薬はこちら

PageTop