猫のダイエット方法とは? 太る原因を知って、肥満による病気を予防しましょう|犬猫薬の通販

犬猫薬の通販|猫のダイエット方法とは? 太る原因を知って、肥満による病気を予防しましょう

猫のダイエット方法とは? 太る原因を知って、肥満による病気を予防しましょう

猫のダイエット方法とは? 太る原因を知って、肥満による病気を予防しましょう

ぽっちゃりしているとかわいいけど…

太ってる猫ちゃんはかわいいですよね。普段まるまってかわいい姿の猫ちゃんをよく見かけますが、太っている猫ちゃんだとさらにまんまるとしていて、かわいさ倍増です。

でも、かわいいからと言ってそのままでいいのでしょうか?

人間でも肥満は様々な病気の原因になってしまいます。
猫ちゃんだって肥満のまま放置していると様々は病気のリスクが高くなります。

肥満が原因の病気

1. 糖尿病 
猫も体重が増加すると糖尿病のリスクが増加すると言われています。ごはんを食べるすぎることにより、インシュリン抵抗性が高まり糖尿病になりやすくなります。

2. 皮膚病
皮下脂肪がつきすぎて、毛細血管への負担が大きいと皮膚病になりやすくなったり、キズが治りにくくなったりします。猫ちゃん自身で毛づくろいが出来なくなってしまうので衛生的にも問題が出てしまうこともあります。

3. 関節への負担
体重が重くなると当然関節にも負担になります。その結果、関節炎や靭帯断裂といった症状につながります。

そもそも肥満の原因って?

肥満が病気の原因になることは分かったけど、そもそも猫ちゃんが肥満になってしまった原因はなんでしょうか。
猫は運動能力の高い動物ですが、年を取るとだんだんと運動もせずのんびりとした生活になってしまう猫ちゃんが増えます。ネズミを捕ることもなく、好きな時に好きなだけエサをもらっていたら太ってしまうのも納得です。
だから、飼い主さんはその猫ちゃんに適切な量のごはんや運動をしてあげることが大切なのです。

猫ちゃんのダイエットの方法

それでは、太ってしまった猫ちゃんにどうやってダイエットさせていったらいいのか紹介していきたいと思います。

1. 食事によるダイエット
食事によるダイエットといっても急激に量を減らしたりするわけではありません。まずは食事を小分けにして与えていきましょう。一日に食べる量は変えずに一度に食べる量を減らしてあげることで、エネルギー消費が大きくなります。小分けにしたごはんは時間を決めて食べさせます。その際には決められたごはん以外は絶対に与えないようにしましょう。また少し割高にはなってしまいますが、ダイエット用のフードも売っているので、ぽっちゃり用や肥満用など猫ちゃんに合わせて与えてみてもいいかもしれません。猫のダイエットフードは鶏肉やサーモンなどの動物性たんぱく質に食物繊維がプラスされていて、効率よく満腹感や食べ過ぎ防止の効果が得られるようになっています。フードを切り替える時は、慣れたエサに少しずつ混ぜてから切り替えるようにしてください。

2. 運動によるダイエット
もし、猫ちゃんに肥満以外の問題がみられない場合は積極的に運動をさせてあげましょう。おもちゃを上下に動かしてジャンプや、キャットタワーなど上下に動く運動が効果的です。猫ちゃんは長時間運動するのが苦手なので、最初は1日5分程度遊んであげ、1日に2~3回くらい遊んであげるといいと思います。また、おもちゃを転がすことで中に入っているドライフードが少しずつ出てくる仕掛けになっているおもちゃは、運動不足とごはんの一気食べの予防が出来て一石二鳥です。過激な運動や長時間の無理な運動は関節や靭帯を痛めてしまう原因になります。猫ちゃんが運動嫌いにならないように飼い主さんも楽しんで、短い時間で無理なく遊んでくださいね。

まとめ

飼っている猫ちゃんにダイエットをさせようと思ったら、絶対に過剰な食事制限や運動をさせないように注意しましょう。猫ちゃんのダイエットによる体重の減少は週に1~2%が望ましいとされています。ダイエットを始める際にはお医者さんに相談し、摂取カロリーを割り出してもらったり、理想的な体重になるまでの管理をしてもらいましょう。太った姿も可愛いけど、大事な猫ちゃんの健康のために是非適正体重にしてあげてください。

猫用の人気のお薬はこちら

PageTop