猫の爪切りのコツとは?嫌がる猫の爪を切る方法や種類を紹介|犬猫薬の通販

犬猫薬の通販|猫の爪切りのコツとは?嫌がる猫の爪を切る方法や種類を紹介

猫の爪切りのコツとは?嫌がる猫の爪を切る方法や種類を紹介

猫の爪切りのコツとは?嫌がる猫の爪を切る方法や種類を紹介

猫ちゃんの爪切りはどうして必要なの?

猫ちゃんを飼っていて爪でひっかかれた経験がある方は多いと思います。痛いし傷跡は残ってしまうし、本当に大変ですよね。
また、爪を切らないでいると、「爪とぎ」をされて家の壁や家具が傷だらけになってしまいます。
さらに怖いのは猫ちゃん自身の手に伸びた爪が食い込んでしまいます。想像すると痛そうですよね。
そうならない為にも猫ちゃんの爪切りは必要なのです。

嫌がる猫ちゃんに爪切りするには

そうは言っても、初めから大人しく爪を切らせてくれる猫ちゃんはあまりいないでしょう。そこで無理におさえつけて切ろうとすると、余計に爪切りをきらいになってしまいます。
まずは猫ちゃんが足を触られてもいやがらないように、触られることに慣れるところから始めましょう。猫ちゃんが足を触られることに慣れてきたら、リラックスしている時間を狙って爪切りをします。爪切りは一気にしようとしなくても大丈夫なので、猫ちゃんの様子を見ながら、少しずつ切ってあげてくださいね。
どうしても、暴れて切らせてくれない場合は洗濯ネットに猫ちゃんを入れて切ったり、爪切りを見せないようにして恐怖心を拭ってあげましょう。手伝ってくれる方がいるなら二人で切ってあげると、より簡単に切れます。
動物病院に連れて行き、爪切りのコツを教えてもらうのも一つの手です。

爪の切り方

爪切りの準備が出来たら、いよいよ、爪を切っていきましょう。猫ちゃんがリラックスしている時に後ろから前足を持ちます。肉球部分をぷにっと優しく指で押してあげると、爪が出てきます。
爪切りを用意し、爪を切っていきます。爪切りは人間用のものでも切れますが、猫専用のものが猫ちゃんの爪を切りやすくなっているので、おすすめです。爪切りは動物病院やペットショップなどで購入できます。
出てきた猫ちゃんの爪をよく見ると、ピンク色の部分があります。これは「クイック」と呼ばれています。
「クイック」は神経がとおっているので、誤って切ってしまうと猫ちゃんは痛い思いをしてしまいます。
「クイック」には、血管もあるので血も出てきます。猫ちゃんが痛がらないように切るときは先から2mmくらいの場所を切るようにしましょう。前足にある親指の爪も切ってあげてください。
前足を切り終わったら、後ろ足を同じように切っていきます。切った爪が引っかかるようなら、やすりをかけて滑らかにしてあげましょう。

爪切りの種類

猫ちゃんの爪切りには3種類あります。飼い主さんの使いやすいタイプを選んで使用してください。

1. ハサミタイプ

文房具のハサミと同じ形をしているので、爪切りに慣れていない飼い主さんも使いやすいです。しかし、固い爪だと割れてしまう可能性があるので、子猫の爪切りにむいています。

2. ギロチンタイプ

こちらは丸い穴があいているので、そこに爪をさしこみ切っていくタイプです。トリマーさんもこちらのタイプの爪切りを使っていることが多く、一般的にもよく使われています。こちらは、固い爪でも割れにくいので大きくなった猫ちゃんにもおすすめです。

3. ニッパータイプ

ニッパータイプはその名のとおり、工具のニッパーと同じ形状になっています。ニッパータイプは力をあまり入れずに切ることが出来るので、ハサミやギロチンタイプの爪切りでうまく切れなった飼い主さんにおすすめです。ただし、よく切れるので「クリック」を切らないように気を付けてください。

さいごに

最初は慣れるまで大変かもしれませんが、猫ちゃんや飼い主さんがケガをしないためにも定期的に切ってあげてください。日常的に猫ちゃんと触れ合って、爪切りに恐怖心を与えないようにすることが大切です。くれぐれも、無理矢理おさえつけて切らないように気をつけてくださいね。心に余裕をもって、飼い主さんもリラックスして切ってあげてましょう。

猫用の人気のお薬はこちら

PageTop