猫のフケがひどい!病気かも!? 原因と対策、フケの取り方を紹介|犬猫薬の通販

犬猫薬の通販|猫のフケがひどい!病気かも!? 原因と対策、フケの取り方を紹介

猫のフケがひどい!病気かも!? 原因と対策、フケの取り方を紹介

猫のフケがひどい!病気かも!? 原因と対策、フケの取り方を紹介

猫ちゃんの体からフケが!原因と対策は?

飼っている猫ちゃんの体から白いものが……。そう、なんと猫ちゃんもフケが出るんです。人間の場合のフケは髪の生えている頭皮のみですが、猫ちゃんは全身から毛が生えているので全身からフケが出ます。フケは元々皮膚が生まれ変わり、古い皮膚が剥がれ落ちたものなので、フケが出ること自体は病気ではありません。ただ、あまりにもフケの量が多い場合は感染症などの疑いがあるので、病院で相談しましょう。
またフケは放置していると、側にいる人も吸い込んでしまい猫アレルギーの原因になる場合もあります。飼い主さんの周りで急に猫アレルギーのような症状が出るようになった人がいたら猫ちゃんのフケが原因かもしれません。

どうしてフケがでるの?

フケの原因として考えられるものとして、以下のものがあります。

1. 乾燥
空気が乾燥していると、皮膚も乾燥するので、古い皮膚がはがれやすくなり、結果フケが増えます。冬の乾燥した空気だけでなく、夏に使用するエアコンも空気を乾燥させるので、夏にもずっと空調の効いた部屋にいる猫ちゃんはフケが増えることがあります。

2. 高齢
高齢になると皮脂の量が減ってきます。皮脂は皮膚を守る役割をもっていますので、皮脂の分泌が減ると、皮膚が乾燥やすくなってフケが増えやすくなります。

3. ストレス
猫ちゃんが何かストレスを感じると、体調を崩しやすくなり、皮膚にも症状が出ることがあります。その為、皮膚の代謝サイクルが崩れ、フケとなる場合があります。

4. 体質
猫ちゃんによっても、フケが出やすい子と出にくい子がいます。特に毛の色が濃い猫ちゃんは白いフケが目立ちやすいので、フケが多いように感じられたりもします。

5. 感染症などの病気
フケが出やすくなる病気には、疥癬(かいせん)や皮膚糸状菌症などがあります。疥癬は猫ヒゼンダニというダニが寄生するのが原因で、強いかゆみを引き起こす病気です。皮膚糸状菌症は皮膚糸状菌というダニが原因となり、皮膚にかさぶたなどの症状がみられる病気です。どちらも皮膚のコンディションが悪化するのでフケにつながりやすくなります。

フケを抑えるためにはどうしたらいいの?

フケを抑えるためには、どのような対策があるのかまとめてみました。

1. 加湿をする
フケ予防には空気を乾燥させないことが大事なので、冬なら加湿器をつける、夏は冷房の使い方を見直すなどして乾燥させないようにしましょう。湿度が50~60%くらいになるように調節してあげてください。

2. フケ用シャンプーを使う
猫ちゃんにもフケ用のシャンプーがあります。肌に刺激の少ないものを選んで洗ってください。洗ってあげた後はしっかりとすすぎをして、よく拭いて乾かしてあげてください。シャンプーが残っていると逆にフケの原因になってしまいます。せっかく皮膚をきれいにしても、アフターケアを怠ってしまうと本末転倒です。もし、シャンプー選びに迷った時は獣医さんに相談してみましょう。また、お風呂を嫌がる猫ちゃんは蒸しタオルで拭いてあげるのも効果的です。

3. ブラッシングをする
ブラッシングは抜け毛を取る以外にも、血行をよくする働きがあります。血行がよくなることで、皮膚が健康な状態になります。強くブラッシングをして、皮膚を傷つけないように、優しくブラッシングしてあげましょう。

4. ストレスを減らしてあげる
運動不足などでストレスが溜まっていそうだと思う時は、思いっきり遊んでストレスを軽くしてあげましょう。

まとめ

フケについて紹介してきましたが、フケは健康であっても発生してしまいます。ですが、ちょっと多すぎるんじゃないかな?と思ったら、今回紹介した方法を試してみてください。
猫ちゃんが異常に痒がったりする場合は、迷わず病院に連れて行ってあげてください。

猫用の人気のお薬はこちら

PageTop