猫のお留守番は何日まで?旅行時の餌や電気・暖房・冷房はどうするの?|犬猫薬の通販

犬猫薬の通販|猫のお留守番は何日まで?旅行時の餌や電気・暖房・冷房はどうするの?

猫のお留守番は何日まで?旅行時の餌や電気・暖房・冷房はどうするの?

猫のお留守番は何日まで?旅行時の餌や電気・暖房・冷房はどうするの?

猫の留守番大丈夫?

ペットを飼っている人がかならず一度は頭を悩ませることのひとつに「ペットの留守番」があると思います。
お仕事で日中留守にする程度ならまだいいのですが、それがちょっとした旅行や帰省などになってくると途端に心配でたまらなくなりますよね。
ワンちゃんなら場合によっては一緒に連れて行くことも選択肢に入るかもしれませんが、昔から「猫は家につく」と言われるように大方のネコちゃんは自分のテリトリーである家から離れることを嫌います。
一般的に猫は2日くらいまでなら留守番をさせても大丈夫と言われています。
ただしそのためにはしっかりと準備をしてあげましょう。

猫の留守番に必要なもの

○フィーダー(給餌器)
決まった時間に自動的にえさを出してくれる機械のことです。
数日分のドライフードを山盛りにしていくという人もいますが、猫ちゃんが食べすぎてしまうなどトラブルの種になりますのでそれは避けましょう。出したエサの分だけすぐに食べてしまって、帰ってきた時にネコちゃんがちょっと太ってしまったという話もよく聞きます。
最近のフィーダーには飼い主の声が録音できるものもありますので、いつも決まった時間にネコちゃんの名前を呼んでえさをあげているような場合はぜひ利用してあげたいですね。

○給水器
自動給水器は水を足さなくても、水が少なくなったら自動で給水してくれます。フィルターでろ過されたお水が循環されるので、いつも清潔なお水が飲める機械です。
大きな容器に水をたくさん入れておくという方法は、何かの拍子にひっくり返してしまうと水が飲めなくなってしまうということが考えられるので避けるようにしましょう。
長時間のお留守の場合は、自動で清潔なお水を出してくれる給水器があると安心です。

○トイレ
ネコちゃんはきれい好きなのでいつも使っているトイレが汚れてくるとそこで排泄をしなくなってしまいます。
予備のトイレを用意してあげましょう。

○エアコン
夏場はネコちゃんが熱中症にならないようにエアコンをつけておいてあげるのが望ましいです。とは言えガンガン冷やす必要はないのでカーテンを閉めた状態で28℃くらいに設定しておいてあげれば大丈夫です。
冬場は毛布などで暖かくて柔らかいものを用意しておけば勝手に潜り込んで暖を取ります。逆に電気カーペットや電気毛布などは万が一のことを考えて使わないようにしましょう。

○飼い主の匂いがついたものやおもちゃ
猫は独立心が強いので孤独に強いなんて言われていますが、いつも飼い主がいる環境になれたネコちゃんは寂しくなってしまうこともあるようです。ネコちゃんが安心できるようにシャツやタオルケットなど、飼い主の匂いが確認できるものを置いておくとよいかもしれません。また遊び相手がいなくて退屈することも考えられますので好きなおもちゃがある場合には出しておいてあげましょう。

猫が留守番するときの注意点は

○戸締まりはしっかり
ネコちゃんがうっかり外に出てしまわないように戸締まりはしっかりとしましょう。

○誤飲・誤食しそうなものはしまっておく
アクセサリーやクリップなどの金属性の小さな物はうっかり飲み込んでしまうと、消化器官を傷つけてしまう恐れがあります。また、毛糸や輪ゴムのようなものも体内で引っかかる可能性があるので、外出前は危険なものが落ちていないかしっかり確認してからお出かけしてください。ネコちゃんが飲み込んで危険なものは、手の届かない場所に保管してください。

○電気製品のコンセントは抜いておく
ネコちゃんがかじってしまうと、感電してしまう恐れがあります。長時間抜いても問題のないコンセントは全て抜いておきましょう。

どうしても長期間留守にしなければならない場合は

2日以上の留守番になる場合は一人で留守番させるのはさけましょう。

○ペットホテルに預ける
人に対して警戒してしまうネコちゃんも猫同士だと大丈夫だったりします。ペットホテルの中にはネコちゃんのストレスを軽減させるため、上下運動が出来る高さのあるケージやのびのびと運動できるキャットタワー付きのプレイルーム付きのお店もあります。

○友人・知人に預ける(留守番にきてもらう)
飼い主さんがもっとも安心できるのは、ネコ好きの友人や知人に預けることではないでしょうか。いざという時にすぐに連絡することも出来、自宅で一緒にお留守番してもらえればネコちゃんのストレスも少なくすみます。

○ペットシッターにお願いする
ペットシッターは旅行や出張などでペットのお世話が出来ない時に、代行してくれるサービスです。1日1時間くらいの時間でペットのエサやトイレの世話、健康状態などを見て報告してくれます。ただし、留守の家の中に入るのですから、きちんと信頼できる会社かどうか見極めることが大事です。
ペットホテルもペットシッターもゴールデンウイークやお盆時期などの繁忙期には、少々割高な料金になるところが多いようです。

まとめ

ネコちゃんがお留守番するために色々なアイテムや方法がありますが、できるだけ留守番は2日までにしてあげましょう。
なにより飼い主さんの方が心配になってしまったり、寂しくなってしまったりすることがあるみたいです。
長期間のお出かけから帰ってきたら、ネコちゃんの健康状態をチェックしてあげて、たくさんスキンシップをとってあげてくださいね。

猫用の人気のお薬はこちら

PageTop