三毛猫の特徴と性格 【世界中のかわいい・珍しい種類の猫】|犬猫薬の通販

犬猫薬の通販|三毛猫の特徴と性格 【世界中のかわいい・珍しい種類の猫】

三毛猫の特徴と性格 【世界中のかわいい・珍しい種類の猫】

三毛猫の特徴と性格 【世界中のかわいい・珍しい種類の猫】

世界の猫ちゃんたち

世界中に猫といわれる動物は公認されているもので50種類。そのうち公認されていないものも含めると100種類以上の猫がいると言われています。
珍しい姿かたちをした猫、とにかくかわいい猫、怖い顔をした猫、これって本当にネコ?って思ってしまうものなど、とにかく猫!猫!猫!世界中の猫ちゃんたちをたくさん紹介していきたいと思っています。

その中でも今回は私ども犬猫薬のスタッフが厳選して、可愛いと思われる種類をご紹介していきます。

まず、初めてのご紹介は、何と言っても日本の三毛猫のご紹介からです。
というのも世界中の猫を見ているとどれも可愛くて甲乙つけがたいのですが、何とも三毛猫が目についてしょうがないのです。

西洋のスタイリッシュな猫ちゃんたちに比べると何ともモッタリとして、おばさまっぽい感じがいたします。やはり生息地に住む人間に似るのでしょうか?スタイルも西洋人と比べると日本人ぽいのではないでしょうか?
手足が短く腰回りがムッチリしてよっこらしょなんていう言葉を発しそうですよね。

三毛猫の特徴

三毛猫と呼ばれる猫の特徴は、体に白、茶色、黒の毛がまだら状に生えている短毛の日本猫のことを指します。つまり、三毛猫の定義は、身体的な毛色の特徴からそう呼ばれているのであって、遺伝子的なルーツをたどるなどのことではないのです。つまり、正確に言うと猫の種類ではなく、三色の毛色を持つ猫という文字通りの意味なのです。
海外では三毛猫はとても珍しく、「キャリコ」「トーティ・アンド・ホワイト」などと呼ばれています。特に北欧では日本原産の猫である「ジャパニーズボブテイル」を「ミケ」と呼び、高値で取引されているようです。

原産国

三毛猫の原産国は日本です。
日本の猫と言えば三毛猫というぐらい日本にはどこでも見かけますが、
前述したように海外では三毛猫は海外では珍しいため、高値で取引されたり、
わざわざ来日して自分の好みの模様を探して購入していく愛猫家もいるほどなのです。

不思議な三毛猫

猫好き、いやほぼ一般常識と言ってもいいレベルで広く知られた話ですが、三毛猫はそのほとんどがメスであり、オスの三毛猫はほとんど存在しません。
確率的には三万分の一。モノスゴイ確率ですね。
三毛猫の毛色を決定するのは遺伝子によるものであるため、オスを決定づける遺伝子を持つ三毛猫は通常では二色の毛色となるのが限界なのです。
通常ではオスは二色となるため、三色のオスは染色体異常をもっている可能性が大きく、たとえ三色のオスが生まれたとしてもほとんどが生殖機能がないなどのケースが多いのです。

そのことからもわかるように、その貴重さからマニアの間では三毛猫のオスは超高額で取引されるケースがあります。

ではどうやって繁殖するんだろう?

ここまでの話ですと、普通の方でしたらメスばかりなのにどうやって繁殖するのだろう?
という疑問を持つと思います。

これは三毛猫(メス)と三毛猫(メス)をどうやって掛け合わすのだろう?という疑問だと思われます。
ご説明したように三毛猫は、猫の種類という生物学的なものではなく、身体的な特徴でそう呼ばれているだけなのです。
つまり、三色の猫(メス)と二色の猫(オス)を掛け合わせるということが可能。と言いますかそれが通常であるため、そこから三色の三毛猫がメスとして生まれてくるかもしれないし、オスだったらきっと二色の子が生まれるだろうという仕組みなのです。

三毛猫の正確

体が丈夫で、自立心が高い。
また、かなり賢く猫に一度認めてもらえば人や他の動物であってもかなり心を許してくれます。
しかし、かなり気分屋さんなところもありますので、そのあたりは気を付けましょう。

ペットとしての注意点

三毛猫のメスは性格はおっとりしているので初めて猫を飼う人でも向いています。
また、協調性があり、爪を立てて怒ることもほとんどないため、他の猫との多頭飼いをする方にも向いています。

・プライドが高いのであまり押し付けないこと。優しく導いて上げればとても賢い猫ですので、すぐに理解してくれるはずです。

・とてもきれい好きな猫ですので、毎日のブラッシングや、環境、食事に至るまで、きめ細やかな心配りをしてあげてください。そうしないと、食事を食べなくなってしまったり、飼い主に対して心を許してくれなくなってしまいます。

・飽きやすいので食事は1~2週間に1回は変えてあげましょう。おいしそうに食べているからってずっと続けているとすぐに飽きられてしまいます。猫の中ではかなりの美食家です。

・運動神経が良く、活発に活動させるためできるだけ外に自由に行ける環境にしてあげることが求められます。

・猫にとって睡眠はとても大切なため、14時間はしっかりと睡眠がとれるようにリラックスできる環境を整えてあげることが求められます。
また、温度管理も重要で22度前後の暖かいところを用意してあげてください。

ペットとして飼い主様に求められることは、何にもまして動物に愛情を持って接してあげることが重要です。

猫用の人気のお薬はこちら

PageTop