トピゲン耳・皮膚用ローション20mlの商品詳細|犬猫薬の通販

犬猫薬の通販|商品詳細ページ

初回から使える500ポイントプレゼント

湿疹・皮膚炎・外耳炎などの治療に。

トピゲン耳・皮膚用ローション20ml(Ilium Topigen)

発送国:香港
1,620円~
レビューを書く
体験談を共有しよう!
♥お気に入り登録
次回から簡単に注文
価格交渉
他社より高いですか?
商品名
トピゲン耳・皮膚用ローション20ml
商品名(英語)
Ilium Topigen
メーカー
Troy Laboratories
サイズ名
20ml
効果・効能
湿疹・皮膚炎・外耳炎などの治療
用法
1日2回、経皮投与
用量
適量
犬年齢制限
なし
犬体重制限
なし
猫年齢制限
なし
猫体重制限
なし

サイズ違いの商品

  • トピゲン耳・皮膚用ローション20ml(Ilium Topigen)なし
関連カテゴリ:
犬用 > 犬の病気・症状 > 皮膚病
犬用 > 犬の病気・症状 > 外耳炎
犬用 > 犬の部位 >
犬用 > 犬のサイズ > 大型犬
犬用 > 犬のサイズ > 中型犬
犬用 > 犬のサイズ > 小型犬
猫用 > 猫の病気・症状 > 皮膚病
猫用 > 猫の病気・症状 > 外耳炎
猫用 > 猫の部位 >
猫用 > 猫のサイズ > 成猫
猫用 > 猫のサイズ > 子猫

トピゲン耳・皮膚用ローション20ml(Ilium Topigen)を購入

トピゲン耳・皮膚用ローション20ml(Ilium Topigen) 1本 1,620円
トピゲン耳・皮膚用ローション20ml(Ilium Topigen) 2本セット 2,740円
<トピゲン耳・皮膚用ローションの成分・効果効能>
「トピゲン耳・皮膚用ローション」は、犬猫の湿疹・皮膚炎・外耳炎などの症状を抑える薬です。抗菌・抗真菌・抗炎症・かゆみ止めといった効果があり、主に炎症を原因とする諸症状を緩和します。有効成分としてアミノグリコシド系抗生物質の「ゲンタマイシン」を含んでおり、細菌のたんぱく合成を阻害することで幅広い抗菌作用を発揮します。また副腎皮質ホルモンの「フルオシノロンアセトニド」を含有しており、皮膚の炎症を鎮めます。
<トピゲン耳・皮膚用ローションの製薬会社について>
トロイ研究所(Troy Laboratories)は、オーストラリアに本拠地をおく動物医薬品のメーカーです。50年以上の歴史があり現在までに140以上の製品を世界市場に発信しています。動物の健康産業において好ましいパフォーマンスと健全性を保つために獣医、専門家、そしてペットの飼い主とともに成長している企業です。
使用方法
【皮膚に使う場合】
1日2回、または獣医師の指示に従って、患部へ適量を塗布してください。
【耳に使う場合】
1日2回、または獣医師の指示に従って、耳垢を軽くふき取ってから、耳道内に約5滴を点耳してください。
その後、耳道にそってマッサージするようにしてください。
なお、必要に応じて耳道洗浄を行い、耳道内の耳垢を除去してください。
使用上の注意
・使用前によく振ってください。
・定められた用法・用量を厳守してください。
・本剤の使用は、治療上必要最小限の期間の投与に止めることとし、1週間以上の連続投与は行わないようにしてください。
・誤って使用者の目、鼻、口などに入った場合は、直ちに医師の診察をお受けください。
・本剤は副腎皮質ホルモン系薬剤に対する過敏症の既往歴がある方は、直接素手で取り扱わないようにしてください。
・使用した後あるいは皮膚に付着した場合は、石鹸等でよく洗ってください。
ペットへの注意点
・アミノグリコシドの副作用として耳毒性が報告されています。鼓膜の損傷している動物には投与しないでください。また、聴覚毒性のある薬剤との併用を行わないようにしてください。
・ダニの寄生を認める場合及び耳道を閉塞する疾患(新生物、腫瘍、慢性増殖性変性等)がある動物には投与しないでください。
・成分のいずれかに過敏症であることがわかっている動物には投与しないでください。
・本剤の使用で過敏症が認められた動物は、使用を中止し獣医師の指示をお受けください。
・本剤の長期使用とクッシング症候群が疑われる動物に使用する場合は、ご注意ください。
・患部に付着している痂皮等はできる限り除去してからお使いください。
・本剤を塗布した部位は、動物が舐めたり、爪等で傷つけないようにご注意ください。
・本剤が動物の目、鼻、口等に入らないようにご注意ください。
保管上の注意
・小児の手の届かないところに保管してください。
・直射日光、高温及び多湿を避けて涼しいところに保管してください。
副作用
・過敏症(刺激感、紅斑等)が見られた場合には投与を中止し、適切な薬剤へ変更してください。
・副腎皮質ホルモン系薬剤は、外用した場合でも、まれに全身性の症状として多渇症多尿症、嘔吐、異常な体重増加等を現すことがあります。
・副腎皮質ホルモン系薬剤は、外耳炎に使用した場合に一時性の難聴を生じるとの報告がありますが、投与後には改善されます。
有効成分
ゲンタマイシン、ナイスタチン、フルオシノロンアセトニド

あなたのペット自慢

今日も可愛く(/ω\)

  • 投稿はこちらから

営業カレンダー

2019年7月の定休日
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2019年8月の定休日
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

※赤字は休業日です

PageTop