プレドニゾロン1mg60錠(パナフコルテロン1mg)の商品詳細|犬猫薬の通販

犬猫薬の通販|商品詳細ページ

初回から使える500ポイントプレゼント

合成副腎皮質ホルモン剤

プレドニゾロン1mg(パナフコルテロン1mg)(Prednisolone 1mg)

発送国:香港
1,500円~
レビューを書く
体験談を共有しよう!
♥お気に入り登録
次回から簡単に注文
価格交渉
他社より高いですか?
商品名
プレドニゾロン1mg(パナフコルテロン1mg)
商品名(英語)
Prednisolone 1mg
メーカー
Aspen Pharmacare Australia Pty Ltd
サイズ名
100錠 1本
効果・効能
犬・猫の抗炎症、慢性肝炎、免疫抑制、胆管炎、肝硬変などに
用法
下記使用方法を参照
用量
下記使用方法を参照
関連カテゴリ:
犬用 > 犬の薬の種類 > 抗生物質
犬用 > 犬の薬の種類 > 抗菌剤
猫用 > 猫の薬の種類 > 抗生物質
猫用 > 猫の薬の種類 > 抗菌剤

プレドニゾロン1mg(パナフコルテロン1mg)(Prednisolone 1mg)を購入

プレドニゾロン1mg(パナフコルテロン1mg)(Prednisolone 1mg) 100錠 1本 1,500円
プレドニゾロン1mg(パナフコルテロン1mg)(Prednisolone 1mg) 100錠 2本 2,140円
プレドニゾロン1mg(パナフコルテロン1mg)(Prednisolone 1mg) 100錠 3本 2,680円
<プレドニゾロン1mgの成分・効果効能>
プレドニゾロン1mg60錠(パナフコルテロン1mg)は、有効成分のプレドニゾロンを5mg含有した合成副腎皮質ホルモン剤です。
プレドニゾロン1mg60錠(パナフコルテロン1mg)に含有されている副腎皮質ホルモンのプレドニゾロンは、アレルギーや炎症や免疫を抑制したり、
足りていない副腎皮質ホルモンを補います。。
プレドニゾロン1mg60錠(パナフコルテロン1mg)は、抗炎症作用や持続時間がスタンダードなタイプであり、副腎皮質ホルモン剤の標準的な薬剤です。副腎皮質ホルモン剤として最もよく使用される薬です。
使用方法
【犬の場合】

●抗炎症
プレドニゾロンとして体重1kgに対し、0.5〜1mgを12時間おきに経口投与します。

●免疫抑制として
プレドニゾロンとして体重1kgに対し、1.1〜2.2mgを12時間おきに経口投与します。

●副腎皮質機能低下症
プレドニゾロンとして体重1kgに対し、0.1〜0.2mgを12時間おきに経口投与します。

●アレルギー疾患、抗炎症、過敏性疾患
プレドニゾロンとして体重1kgに対し、0.5〜1mgを12時間おきに経口投与します。

●インスリノーマ、原発性糖質コルチコイド欠乏症の補助療法
プレドニゾロンとして体重1kgに対し、0.25〜0.5mgを24〜48時間おきに経口投与します。

●慢性リンパ球プラズマ細胞性肝炎、自己免疫性肝炎
プレドニゾロンとして体重1kgに対し、2.2mgを1日1回、数週間経口投与します。
その後、プレドニゾロンとして体重1kgに対し、1.1mgを2日に1回経口投与します。

●胆肝炎
プレドニゾロンとして体重1kgに対し、1〜2mgを1日1回、最低1ヶ月間経口投与します。

●中枢神経系腫瘍、浮腫および炎症の軽減、肥満細胞種
プレドニゾロンとして体表面積1平方センチメートルに対し、10〜40mgを1日1回、7日間経口投与します。。
その後、プレドニゾロンとして体表面積1平方センチメートルに対して、10〜20mgを24〜48時間毎に経口投与します。

【猫の場合】

●抗炎症
プレドニゾロンとして体重1kgに対し、0.5〜1mgを12時間おきに経口投与します。

●免疫抑制
プレドニゾロンとして体重1kgに対し、1.1〜2.2mgを12時間おきに経口投与します。

●副腎皮質機能低下症
プレドニゾロンとして体重1kgに対し、0.1〜0.2mggを12〜48時間おきに経口投与します。

●アレルギー疾患、抗炎症、過敏性疾患
プレドニゾロンとして体重1kgに対し、0.5〜1mgを12時間おきに経口投与します。

●インスリノーマ、原発性糖質コルチコイド欠乏症の補助療法
プレドニゾロンとして体重1kgに対し、0.25〜0.5mgを24〜48時間おきに経口投与します。

●慢性肝炎、肝硬変
プレドニゾロンとして体重1kgに対し、1日4〜6mgを、数週間経口投与します。
その後、体重1kgあたりプレドニゾロンとして、1〜3mgを2日に1回、経口投与に減量する。

●中枢神経系腫瘍、浮腫および炎症の軽減、肥満細胞種
プレドニゾロンとして体表面積1平方センチメートルに対し、10〜40mgを1日1回、7日間経口投与します。。
その後、プレドニゾロンとして体表面積1平方センチメートルに対して、10〜20mgを24〜48時間毎に経口投与します。
使用上の注意
プレドニゾロンは効能・効果において定められた目的のみに使用してください。
プレドニゾロンは獣医師の指示・処方箋にそって使用してください。
プレドニゾロンは定められた用法・用量を厳守してご使用ください。
ペットへの注意点
プレドニゾロンを妊娠、授乳中または、繁殖を予定している犬猫への投与を行わないでください。
プレドニゾロンを腎疾患又は原発性肝疾患がある犬猫には投与しないでください。
肝炎の治療時には肝生検を行い、免疫抑制療法適応の肝疾患と診断された上で、プレドニゾロンを使用してください。
保管上の注意
・子供の手の届かないところに保管してください。
副作用
医原性クッシング病の症状が出る場合がございます。
有効成分
プレドニゾロン 1mg

あなたのペット自慢

保護したぶち猫のミャーです。(♂推定一歳)寝顔がいつもかわいいです。

  • 投稿はこちらから

営業カレンダー

2019年9月の定休日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
2019年10月の定休日
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

※赤字は休業日です

PageTop