[(ELANCO ANIMAL HEALTH)](フォルテコール)(犬猫兼用)(5mg)の商品詳細|犬猫薬の通販

犬猫薬の通販|商品詳細ページ

初回から使える500ポイントプレゼント

【業界最安値】初回登録で表示価格より500円引き!犬の心不全や猫の慢性腎不全の症状を改善!

フォルテコール5mg(犬猫用)(Fortekor)

フォルテコール5mg14錠 2箱
発送国:香港
4,380円~
レビューを書く
体験談を共有しよう!
♥お気に入り登録
次回から簡単に注文
価格交渉
他社より高いですか?
商品名
フォルテコール5mg(犬猫用)
商品名(英語)
Fortekor
メーカー
ELANCO ANIMAL HEALTH
サイズ名
5mg
効果・効能
心不全・腎不全の治療
用法
1日1回、経口投与
用量
犬:体重1kgあたり0.25mg
猫:体重1kgあたり0.5mg
犬年齢制限
なし
猫年齢制限
なし
関連カテゴリ:
犬用 > 犬の部位 > 心臓
犬用 > 犬の部位 > 腎臓
犬用 > 犬のサイズ > 中型犬
猫用 > 猫の部位 > 心臓
猫用 > 猫の部位 > 腎臓
猫用 > 猫のサイズ > 成猫

フォルテコール5mg(犬猫用)(Fortekor)を購入

フォルテコール5mg(犬猫用)(Fortekor) 14錠×2箱(28錠) 4,380円
フォルテコール5mg(犬猫用)(Fortekor) 14錠×4箱(56錠) 7,780円
フォルテコール5mg(犬猫用)(Fortekor) 14錠×6箱(84錠) 10,680円
<フォルテコール5mgの成分・効果効能>
「フォルテコール」は、犬の心不全(僧帽弁閉鎖不全症、拡張型心筋症)、猫の慢性腎不全の症状を改善します。有効成分である「塩酸ベナゼプリル」を1錠あたり5mg含有。塩酸ベナゼプリルは、「アンジオテンシン変換酵素」を阻害するため、同酵素が作り出す「アンジオテンシンII」を媒介とする、すべての効果を減じる作用があります。塩酸ベナゼプリルによる作用は、おもに以下の2つに大別されます。

・流促進作用
アンジオテンシン変換酵素は、「レニン‐アンジオテンシン‐アルドステロン系」と呼ばれる血圧上昇メカニズムの一部として働き、アンジオテンシンIをアンジオテンシンIIという生理活性物質へと変換します。
アンジオテンシンIIは血管収縮作用、すなわち昇圧作用がある物質です。そのため、塩酸ベナゼプリルがアンジオテンシンIIの生成を間接的に阻害することで、血管が収縮されなくなり、血液の流れを促進します。

・利尿作用
アンジオテンシン変換酵素によって変換されたアンジオテンシンIIが副腎皮質に働くと、「アルドステロン」というホルモンが分泌されます。塩酸ベナゼプリルがアルドステロンの分泌を間接的に阻害することで、アルドステロンの働きである水とナトリウムの再吸収も阻害されるため、利尿作用につながります。
<フォルテコール5mgの製薬会社について>
フォルテコールは元々、ノバルティス ファーマ社(スイス)が販売していましたが、2015年にエランコアニマルヘルス社(アメリカ)に動物薬部門が売却され、以降は同社が販売元となっています。なお、このエランコアニマルヘルス社は、アメリカのインディアナポリスに本社を置く世界的な医薬品メーカーであるイーライリリー・アンド・カンパニーの子会社です。

※注意
商品画像とお届けのパッケージが若干異なることがございますが、メーカー純正品でございます。
ご安心ください。
使用方法
<フォルテコール5mgの使用方法>
・推奨投与量は、体重1kgあたり、犬の場合は0.25mg、猫の場合は0.5mgです。1日1回、食事に関係なく経口投与してください。
・獣医師が治療のため必要と診断した場合、1回の用量が増えることがあります。その場合でも投与は、1日1回を厳守してください。なお、用量を増やしても良いのは犬に使用する場合に限ります。
・犬の心不全の治療に使用する場合、必要に応じて、強心薬であるジゴキシンや、利尿薬フロセミド、抗不整脈薬などと併用することがあります。その場合も必ず獣医師の指示に従ってください。
・食べやすいビーフ味です。

【犬の場合】
体重1kg当たりベナゼプリル塩酸塩を0.25mg〜1.0mgを1日1回経口投与する。
体重別では、通常次の投与量となります。

2.5kg〜10.0kg未満:0.5錠

10.0kg〜20.0kg未満:1錠

20.0kg〜30.0kg未満:1.5錠

30.0kg〜40.0kg未満:2錠

【猫の場合】
体重1kg当たりベナゼプリル塩酸塩を0.5mg〜1.0mgを1日1回経口投与する。
体重別では、通常次の投与量となります。

2.5kg〜5.0kg未満:0.5錠

5.0kg〜10.0kg未満:1錠
使用上の注意
犬:
・試験では腎臓に対する毒性は認められませんでしたが、腎不全の場合は「血しょう中尿素」や「クレアニチン値」、そのほかの数値をモニターすることを推奨します。
・眠気・倦怠感や運動失調(歩行失調)のような低血圧の兆候が、まれに見られることがあります。必要に応じて利尿剤の量を減らしてください。
・繁殖犬、妊娠中及び授乳中の犬に対しての安全性は確立されていないため、使用は推奨されません。
・塩酸ベナゼプリルに対して過敏性反応のある犬には使用しないでください。

猫:
・試験では腎臓に対する毒性は認められませんでしたが、腎不全の場合は「血しょう中尿素」や「クレアニチン値」、そのほかの数値をモニターすることを推奨します。
・治療の初期は、「血しょう中クレアチン濃度」が高くなることがあります。
・急性腎不全、慢性腎不全の急性増悪、血液量の減少、脱水症状、心疾患もしくは肝疾患の併発がある場合、安全性が確立されていませんので、使用は推奨されません。
・繁殖猫、妊娠中及び授乳中の猫に対しての安全性は確立されていないため、使用は推奨されません。
・塩酸ベナゼプリルに対し過敏性反応のある猫には使用しないでください。
保管上の注意
・フォルテコール5mgは25℃以下の乾燥した場所に、直射日光を避けて保管してください。
・フォルテコール5mgは小児の手の届かないところに保管してください。
・フォルテコール5mgの未使用の半錠は、開封したブリスターに戻したあと外箱に入れて保管し、2日以内に使用してください。
副作用
通常、フォルテコール5mgの副作用が見られるケースは非常にまれですが、過去に以下の副作用が報告されています。
犬:眠気・倦怠感、嘔吐、下痢
猫:眠気・倦怠感、嘔吐、食欲不振

このうち、日本国内で報告された犬の症例については、多くは翌日から長くても2ヵ月ほどで回復しています(自然治癒の場合と投薬中止、ほかの薬を処方などに回復手段は異なります)。なお、その後、フォルテコールの投薬を続けても再発しないケースもあり、これらの症状がフォルテコールに起因するものとは確定していません。また、2007年以降、犬と猫を合わせて5つの死亡例もありますが、こちらもフォルテコールとの因果関係は不明です(農林水産省・動物医薬品検査所)。
有効成分
塩酸ベナゼプリル

あなたのペット自慢

保護したぶち猫のミャーです。(♂推定一歳)寝顔がいつもかわいいです。

  • 投稿はこちらから

営業カレンダー

2019年11月の定休日
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
2019年12月の定休日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

※赤字は休業日です

PageTop