犬の嘔吐に効果がある薬・サプリ一覧商品一覧|犬猫薬の通販

犬猫薬の通販|商品一覧ページ

初回から使える500ポイントプレゼント

嘔吐

3件の商品がございます。

ワンちゃんの嘔吐対策に!

ワンちゃんの嘔吐対策に!

ワンちゃんの嘔吐対策に!

犬の嘔吐とは? 症状や原因について解説!

犬は、さまざまな原因で食べ物や胃液などを吐くことがあります。犬が吐いてしまったとき、病院にすぐに連れていくべきかどうか迷うこともあるでしょう。
そこで、犬が吐く原因や注意しなければならないときの症状、また、どのように対処すべきかなど、飼い主が覚えておきたい「犬の嘔吐や吐出(としゅつ)」についてご紹介します。



嘔吐と吐出の違い

単純に「犬が吐いた」と言った場合、多くの人が「嘔吐した」と考えるでしょう。しかし、実際には、嘔吐と吐出という違いがあります。両者を正しく区別しておくことで、症状の説明などがしやすくなります。
嘔吐というのは、胃から吐く状態のことです。食べ物が胃に届いて、消化したあとで吐くのが嘔吐です。一方の吐出は、食べ物が胃に到達するまえに吐くことで、未消化の食べ物がそのまま吐き出されます。食後すぐに起こることが多い症状です。


犬が食べた物を吐き出す原因は?

犬が物を吐く原因は、実に多岐にわたります。
まずは吐出についてですが、食べ物を勢い良く食べたり、多量の水を飲んだりしたあとで吐くことがあります。特に多いのは、食事中に勢い良く食べ過ぎて、その直後に吐出してしまい、吐いた物をまた食べようとするケースです。これは、勢い良く食べ過ぎてしまったことが原因ですから、特に問題はありません。
嘔吐で多いのは、空腹時に吐くケースです。食事から何時間も経過したときに黄色い胃液を吐く場合は、空腹が原因だと考えられます。また、人間と同じように、車に酔って吐く犬もいます。個体差があるため、酔いやすい犬を飼っている場合は、車での移動を避けるなどの対策をとりましょう。なお、車酔いをしやすい犬であっても、その日の体調やストレスのかかり具合によって症状の出方が違うこともあります。

病気が原因で物を吐くことも

病気が原因の嘔吐は、おもに胃腸炎などの胃腸の不調、吐出は食道炎などの食道の不調によって起こります。そのほか、脳疾患や中毒症、腫瘍などが原因で嘔吐や吐出が起こることもあります。こうした病気が原因で起こる嘔吐や吐出は、その疾患が完治するまで繰り返されるとともに、嘔吐以外の症状も出てくる可能性が高くなります。

・胃腸炎
胃腸炎は人間と同様、胃腸に炎症が起こる症状です。軽いものであれば、1~2日安静にすれば収まります。
・膵炎
膵炎は膵臓の炎症で、中高齢の肥満した雌に多い病気です。激しい嘔吐などの症状があり、急性の場合は文字どおり急を要します。
・腸閉塞
腸閉塞とは、異物の飲み込みによって腸がふさがる状態のことをいいます。嘔吐のほか、下痢や便秘、食欲不振などが起こります。
・胃捻転
胃捻転は胃が捻じれてしまう病気で、大型犬に多く、急激に進行します。
・熱中症
熱中症になると、嘔吐のほか、舌を出してぜいぜいと荒い呼吸をするといった症状が見られます。
・毒物の摂取
純粋な毒物のほか、殺虫剤のかかった草や、犬の食べられない食べ物、毒になる植物などが原因の場合もあります。

そのほか、感染症や腎不全、肝不全、緑内障、アジソン病、がんなどの腫瘍、アレルギーなどの慢性的な原因などによっても嘔吐の症状が起こります。


犬が吐いたときの緊急度別対処法

犬が吐いたときにまず気になるのが、「どのくらい重篤な症状なのか」ということでしょう。犬が吐いたときの様子や吐いた物から、緊急性を見極めるようにしましょう。まずは、少し様子を見てもそれほど問題のないケースです。

・車に酔って吐いた場合
車酔いが原因で吐いたと思われる場合は、車を止めて犬を休ませましょう。外に出して散歩などをさせるのも効果的です。酔いやすいことがわかっている場合は、車に乗せるまえに食事を与えないという方法もあります。
・食べた直後に吐出した場合
未消化のフードを吐いて、また食べようとしているような場合は特に問題ありません。繰り返すようであれば、「フードを小分けにして与える」「早食いを防ぐための食器を使う」「ふやかして与える」などの工夫をしましょう。
・空腹時に胃液を吐いた場合
これも特に問題はありません。吐くまえは苦しそうにしていても、吐いてしまえばすっきりしているケースがほとんどです。繰り返す場合は、フードを与える回数を増やしたり、かさ増しをしたりするなどして空腹感を抑えましょう。

次に、病院に連れていくべきケースです。

  • ・1日に何度も吐く
  • ・下痢や便秘など、ほかの症状を併発している
  • ・普段に比べて元気がない
  • ・食欲がない
  • ・吐いた物に血が混ざっている

このような症状が見られた場合は、病院に行って診察を受けましょう。
さらに、次のような症状が見られた場合は、緊急性が高いためすぐに病院に連れていく必要があります。

  • ・ぐったりしている
  • ・呼びかけに答えない
  • ・お腹が痛そうにしていたりお腹が張っていたりする
  • ・毒物などを摂取した可能性がある

「嘔吐以外の症状があったり、見るからに具合が悪そうにしていたりする場合は病院へ」と覚えておくと良いでしょう。


病院に行く場合は症状をしっかり説明できるように!

病院に連れていくときは、犬が吐いたときの様子を説明する必要があります。医師はそれによって、嘔吐や吐出の原因を見極める必要があるからです。
そのため、実際に犬が吐いたところや、普段の犬の様子、何を食べているのかなどを熟知している「普段お世話をしている人」が病院に同行する必要があります。犬は自分で症状を伝えられないため、飼い主が代わりに症状を伝える必要があるのです。また、嘔吐や吐出した物や、下痢などの症状がある場合は排泄物も、できるだけ持っていくようにしましょう。情報が多ければ多いほど、正確な診断ができるようになります。
ただし、緊急性を有する場合はこの限りではありません。状況を見て判断してください。



あなたのペット自慢

今日も可愛く(/ω\)

  • 投稿はこちらから

営業カレンダー

2019年7月の定休日
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2019年8月の定休日
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

※赤字は休業日です

PageTop