猫の便秘に効果がある薬・サプリ一覧商品一覧|犬猫薬の通販

犬猫薬の通販|商品一覧ページ

初回から使える500ポイントプレゼント

便秘

3件の商品がございます。

初回登録で表示価格より500円引き!犬猫の腸内環境を整えるサプリメントです。(30ml)

ペットのつらい便秘を解消する浣腸薬です。

犬猫兼用の下剤です

猫の便秘とは? 症状や原因について解説!

便秘は、人間だけでなく猫にも起こることをご存じでしょうか?猫は自分で便秘を訴えたり、対処したりすることはできません。飼い主が毎日の猫の様子に気を配って、便秘を見逃さないようにしましょう。ここでは、飼い主が知っておきたい猫の便秘の症状や、原因などについてご紹介します。


猫の便秘は人間の便秘とほぼ同じ症状

便秘とは、何らかの原因で便が出にくく、正常な排便ができなくなっている状態のことです。猫の場合も人間と同様で、「しばらく便が出ない」「便が硬くて小さい、ポロポロしている」などの症状が見られる場合、便秘になっているといえるでしょう。
1日に何回便をするかは、猫によって異なります。しかし、健康な猫の場合、1日1回は便をするのが普通です。普段は1日1回以上便をしている猫が、突然2日以上出なくなってしまったときは、便秘になっていると考えてください。


猫が便秘したときに見られるしぐさ

猫が便秘になると、おしりをなめるしぐさが目についたり、トイレに行って排便ポーズをとるのに便が出ず、痛みなどから変な声で鳴いたりといったことが起こります。また、そもそもトイレに行こうとしない猫もいます。
便秘の場合は、便の回数というはっきり目に見える基準がありますが、それに加えてこのような仕草が見られた場合、猫自身も「つらい」「痛い」などと感じている可能性があるため、早めに対処するようにしましょう。


食事から病気まで、猫が便秘になる原因はさまざま

便秘は、生活習慣などが問題で起こっている場合と、病気が原因となっている場合があります。
まずは、病気以外の原因について見てみましょう。

・食事が合っていない
食事は便の元になるものですから、体に合わないと便秘をはじめ、さまざまなトラブルを引き起こします。
・毛玉や異物を吐き出せていない
毛玉のほか、異物を飲み込んでしまったときも便秘になることがあります。食事以外の物は体内で消化されないため、腸に詰まってしまったり、便に絡んで排便を邪魔したりします。自力で排出できない大きな異物を飲み込んだ場合や、完全に腸がふさがってしまった場合は命に関わることもあります。
・水分不足
人間は水分不足だと便秘になってしまいます。猫もこれと同様で、水分不足だと排出されづらい、硬い便になってしまいます。猫は元々あまり水を飲まない性質ですから、水分不足による便秘になりやすいといえるでしょう。
・老化などによる筋力低下
老化などによる筋力低下も、人間と同様の原因です。筋力が落ちると排便を促す力が弱まるため、便が腸内に停滞しやすくなってしまいます。

次に、病気が原因となっている場合です。猫の病気のうち、便秘が症状として表れるものをご紹介します。

・腸の異常
腸に腫瘍ができている場合や、腸の内壁がめくれて重なる「腸重積」になっている場合などに便秘が起こります。お腹を痛がる様子が見られたり、元気がなく、嘔吐するなどの症状が便秘と併せて見られたりする場合は、何らかの病気が原因である可能性があります。
・巨大結腸症
巨大結腸症は、水分不足などから引き起こされる、便秘が重篤化することで起こる病気です。結腸に排出されなかった便が溜まり、結腸が巨大化します。
・お尻のケガなど
排便しようとするとお尻が痛むという場合などに、便秘になることがあります。お尻付近に傷などがないかチェックしてみてください。

もしも愛猫が便秘になってしまったら

猫が便秘になってしまったり、便秘がちであると感じたりしたら、症状に応じて次のような対応をしましょう。

・フードの見直し
フードを変えてから便秘になった場合は、まずは直前まで与えていたフードに戻します。また、消化器の働きをサポートしてくれる、便秘がちな猫のためのフードを利用してみても良いでしょう。サツマイモなどの食物繊維を多く含む野菜を、少量与えるのも効果的です。ただし、与えすぎたり、大きな塊のまま与えたりすることがないように注意してください。
・水分補給
水をあまり飲んでいない猫には、水分補給をさせましょう。水を飲まずにいると、便秘だけでなくほかの病気や身体トラブルも起こる可能性があります。
汲み置かれた水よりも自動給水器の流れる水を好む猫もいるため、水道水を与えていた人は利用してみると良いでしょう。どうしても飲まない場合は、フードをウェットフードに変えたり、肉のゆで汁や猫用ミルクなどを与えたりすることで水分を補給できます。
・お手入れ
毎日こまめにブラッシングをすると、猫が飲み込む毛の量を減らすことができます。毎日のこまめなお手入れは、猫とのコミュニケーションにもなりますから、積極的に行ってください。
・病院
上記のような対策をとっても便秘が改善されない場合や、単に便が出ないだけでなく、嘔吐や食欲不振、元気がないなどの症状が見られる場合は、早めに動物病院に連れていくようにしましょう。便秘の原因やそれぞれの個体に合った対処法も、かかりつけの動物病院であれば教えてもらえるはずです。

猫の便秘に気付き、適切な対処を行うためには、毎日の猫の様子に気を配ることが大切です。外に出している猫の場合は、便の状態をチェックするためにも、完全室内飼いをするようにしてください。愛猫が快適な暮らしを送るために、毎日の健康チェックを行いましょう。



あなたのペット自慢

保護したぶち猫のミャーです。(♂推定一歳)寝顔がいつもかわいいです。

  • 投稿はこちらから

営業カレンダー

2019年9月の定休日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
2019年10月の定休日
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

※赤字は休業日です

PageTop