猫の風邪に効果がある薬・サプリ一覧商品一覧|犬猫薬の通販

犬猫薬の通販|商品一覧ページ

初回から使える500ポイントプレゼント

風邪

1件の商品がございます。

口内炎やネコヘルペスの予防に!

猫風邪とは? 症状や原因について解説!

人間と同じように、猫も風邪を引くことがあります。猫の病気としてはとてもポピュラーな「猫風邪」について、症状と原因をご紹介します。また、予防法や治療方法についても併せてご紹介しますので、ぜひ実践してみてください。


猫風邪という病名は存在しない

正確には、猫風邪という名前の病気はありません。猫がかかる病気のうち、人間の風邪と似た症状の出るものについて、便宜的に猫風邪という言葉が使われています。くしゃみ、鼻水、発熱、目ヤニがおもな症状で、人間の風邪と比べると、目に異常が出やすいことが特徴です。
また、人間の風邪に比べて重篤化しやすく、一度治癒してもウイルスが体内に残っていて、体が弱ったタイミングなどに再発を繰り返します。猫風邪の再発や症状を抑えるためには、正しい知識を身に付けて適切な対策をとることが大切です。


猫風邪のおもな症状と治療方法

猫風邪のおもな原因は、猫ヘルペスウイルス、猫カリシウイルス、猫クラミジアの3種類です。それぞれのウイルスが引き起こす症状と、かかってしまった場合の治療法を見てみましょう。

・猫ウイルス性鼻気管炎(猫ヘルペスウイルスが原因)
生後2~3ヵ月の子猫に特に多い病気です。くしゃみ、鼻水、激しい目ヤニ、高熱、食欲不振、下痢などの症状が見られます。特に「目の症状が重い」ことが特徴で、目ヤニで目が開かなくなったり、結膜炎になったりすることもありますので注意が必要です。なお、子猫がかかった場合、食事がとれないことや下痢などによる衰弱から、命を落としてしまうこともあります。猫ヘルペスウイルスは進行も早いため、早期の対処が必須です。
・猫カリシウイルス感染症(猫カリシウイルスが原因)
これも子猫に多い病気で、くしゃみ、鼻水、口の中の異常が起こります。口内炎や舌炎が起こることで、食事がとれなくなり、衰弱してしまうこともあります。子猫の場合は命にかかわることもありますが、成猫の場合、単独感染であればそれほど心配する必要はありません。特別な治療を行わなくても、安静にしていることで自然に治癒するケースもあります。ただし、自己判断は危険ですから、一度病院にかかるようにしてください。
・猫クラミジア感染症(猫クラミジアが原因)
人間がかかるクラミジアではなく、猫クラミジアに感染することで起こります。結膜炎やくしゃみ、鼻水、咳などの症状が見られます。猫ウイルス性鼻気管炎に似た症状ですが、治療は長引く傾向があります。どちらなのかの判別は、鼻水などを分析することでわかりますから、必ず病院にかかるようにしてください。

どのウイルスが原因であっても、治療には抗生物質や抗ウイルス薬などが使用されます。また、症状によっては、目薬や点鼻薬が用いられることもあるでしょう。症状が重く、食事がとれないときは、栄養補給や輸液なども行われます。
そして、さらに症状が進んだ場合は、入院することも珍しくありません。特に体力のない子猫の場合や、病院にかかるのが遅く重篤化してしまったときは、入院して治療を行うことになります。
なお、自宅で治すときは、人間が風邪を引いたときと同様に、保温と保湿に気を配りましょう。


ウイルスの感染ルートはほかの猫

猫風邪は、基本的にほかの猫からうつされることによって感染します。外飼いをしている場合は、ウイルス感染した猫とけんかをしたり、接触したりすることで感染してしまいます。また、完全室内飼いであっても、野良猫が家の中に入ってきたり、網戸越しに接したりすることでも感染するので、窓やドアの扱いには十分な注意が必要です。なお、飼い主が外で猫と触れ合った際にウイルスが手や服に付着して家の猫に感染することもあります。よその猫に触れたときは手洗いや着替えを忘れないようにしてください。


飼い主が愛猫のためにできること

愛猫につらい思いをさせないためには、日頃からウイルスに感染する環境を作らず、適切な予防を行うことが大切です。

・外に猫を出さない
猫を外に出すことは、ウイルス感染リスクを爆発的に高める行為です。「これまで自由に外出させていた猫を、突然完全室内飼いにするのはかわいそう」と思われるかもしれませんが、猫の健康のためには、外に出すのはおすすめできません。猫の外出は、交通事故やほかの動物に襲われるリスク、迷子などの原因にもなります。愛猫のことを思うのであれば、極力室内飼いを心掛けましょう。
・ほかの猫と触れ合わない
猫を愛する方にとって、野良猫と触れ合ったり、外を自由に行き来している人懐っこい飼い猫をなでたりするのは、とても楽しいことかもしれません。しかし、それが原因で愛猫にウイルス感染させてしまうことになったらどうでしょうか。後悔しないためにも、外での猫との触れ合いは避けるようにしましょう。もし、ほかの家で飼われている猫と遊んだときや野良猫と触れ合ったときは、手洗いなどを徹底し、ウイルス感染を防ぐようにしてください。
・多頭飼いの場合は病気の猫を隔離する
猫を複数飼育していて、その中の1頭が病気になった場合、すぐにほかの猫と隔離してください。簡単に感染が広がってしまうため、素早い確実な隔離が必要です。
・定期的なワクチン接種
猫風邪の予防に効果的なワクチンが開発されています。成猫は1年に1回、混合ワクチンを接種するようにしましょう。もちろん、ワクチンを打っても、確実に猫風邪を予防することはできません。しかし、接種することで症状を軽くしたり、再発を防いだりすることができるのです。なお、子猫の場合は、生後2~3ヵ月とその1ヵ月後の合計2回ワクチンを打つことになります。


あなたのペット自慢

私にワンちゃんと暮らす喜びを初めて教えてくれた、可愛い可愛いシピちゃんです♪ 可愛くって親バカが止まりません(*ノωノ)

  • 投稿はこちらから

営業カレンダー

2019年5月の定休日
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2019年6月の定休日
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30

※赤字は休業日です

PageTop